妊活 サプリ ランキング

妊活 サプリ ランキング

私は結婚して2年間、妊活を続けてやっと赤ちゃんを授かることができました。結婚してからはすぐに子供が欲しいと思っていましたし、むしろすぐにできると思っていました。しかしなかなか授かることができず、自分より後に結婚した友人が先に妊娠して素直に喜べなかったり、親からのプレッシャーに焦りを感じたりしていました。そして思い切って仕事を辞めたのですが、周りからは妊娠したの?と言われ、なかなか本当のことを言いだせませんでした。

 

1.妊活のための婦人科に通う

 

できれば自然に妊娠したかったのですが、このままでは時間だけがたってしまうため、まず不妊を取り扱っている婦人科に通ってタイミングを指導してもらいました。また質の良い卵子を作るための薬を飲んだり注射をしたりしました。しかし、さらに過剰に期待してしまったせいか、数か月たっても妊娠できませんでした。もう赤ちゃんのことはあきらめて、主人と二人だけの生活でもいいかなと思いましたが、主人はどうしても子供が欲しいようで高いお金を出しても不妊専門のクリニックに通ってみることを提案されました。このことを婦人科の先生に話してみたところ、あと数か月だけ様子を見て無理なら卵管造影検査をすることを提案されました。

 

2.卵管造影検査を受ける

 

インターネットで卵管造影検査について調べてみると「とにかく痛かった」という意見が多かったので、怖かったのですが、これを乗り越えて妊娠できたら痛みなんて大したことないし、出産の痛みはこれより痛いということを意識して臨みました。そして卵管造影検査を受ける当日、とても不安でとても緊張しました。しかし先生が呼吸法をリードしてくださったおかげで無事に終えることができ、この後数か月は妊娠しやすい期間に入るということで、少し期待していました。

 

3.見事妊娠できる

 

そして次の生理予定日ごろにわずかな出血があったので、また生理が来てしまったと落胆していたところ、数日しても本格的な生理が来ないので妊娠検査薬を使ってみたら陽性だったのです。妊活の2年間は長かったですが、精神的にも肉体的にも辛かったぶん、かわいい赤ちゃんに出会えた時の喜びは本当に大きかったです。